トップページ

    このサイトではロータスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ロータスの買取相場を調べて高い金額で買取をしてくれる専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているオススメの車買取業者で検索してみてください。

    スポーツカーのロータスを高く査定してもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか、家の近くにあるロータスの正規ディーラーで下取りということを考えている場合は、明らかに損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、ロータス(Lotus Cars)の買取相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社までロータスの買取査定ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「ロータスを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているロータスの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、スポーツカーのロータスを高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    ロータスの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちのロータスの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのロータスであっても高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の業者がロータスの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのロータスを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者がイギリス車のロータスを査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきたロータスをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車を専門とした外車買取店です。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は輸入車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、イギリス車のロータスなら他の買取業者より高く売ることができることも多いです。
    ですから、イギリス車のロータスであればとりあえずランキング上位の中古車一括査定サービスを使って買取金額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取専門業者に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたロータスを売りましょう。







    買取希望の車の査定基準は、その車の走行距離や年式、事故歴があるかないかや、内装および外装の状態などです。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、買い取り店に行く前に念入りに掃除を行うことで査定額はアップするでしょう。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、嘘をついたりせずに伝えましょう。

    これら基礎となる基準をチェックしてから、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、見積金額を算出します。

    あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、中古車の見積もり可能なWEBサイトはたくさん存在しています。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は本当に売却する車を査定してみないことには一口では計算できないでしょうが、数多くの会社の査定金額が瞬時にわかるので、今の段階でその車がどの程度の価格であるかの相場を知る上で有効な手段です。

    それから、極端に相場と違う価格を付けてくる店舗を除き、それ以外を実際の売却店として考慮することが可能になるでしょう。

    買取業者などが中古車の査定をする場合に持っていなければならない国家資格はありませんが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格取得が叶わないので、この民間資格を所持しているならば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがうかがえるのです。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし一口に全損といっても2種類に大別できます。

    ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、流動的な市場評価額を基準にどんどん変わっていきます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して市場の相場を把握しています。

    もし実勢価格と違うと思ったら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、書類と現在の姓が違っている人はもとより、住所地の変更などがあった時はそれを証明する書類が追加されます。

    売却先を決めてから一度に書類を揃えるのは大変ですので、売る気持ちに変わりがなければ時間があるうちに書類を揃え始めたほうがあとあと楽でしょう。

    車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、たくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。

    査定額を決めるには実際に車を見なければ無理だから、お宅へ伺ってもよろしいでしょうかと、言葉こそ違えど内容は同じです。

    何度もしつこく電話を入れてくる担当者もいるみたいですから、目に余る場合は嘘でも良いので「申し訳ないが他店に売却済みです」と言うのが賢い方法です。

    もしくは、電話連絡なしの設定が選べるところに限定して見積りを出すというのもお薦めです。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに売却前に車検を通すことは有益ではありません。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    所有者が自分名義でない車でも手間はかかりますが売れないことはありません。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    状況次第で要求される書類は異なりますが、故人所有の車の場合はかなり手間がかかると考えて間違いありません。

    自家用車を所有しているとたとえ乗らなくても維持費が結構かかるものですよね。

    自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、自動車を所有していなくても交通の便に不自由しないならば手放すことで家計はかなり節約できるでしょう。

    自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、自動車税や保険料、さらには車検代、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    以上の合計を鑑みると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。