トップページ

    このサイトではロータスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ロータスの買取相場を調べて高い金額で買取をしてくれる専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているオススメの車買取業者で検索してみてください。

    スポーツカーのロータスを高く査定してもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか、家の近くにあるロータスの正規ディーラーで下取りということを考えている場合は、明らかに損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、ロータス(Lotus Cars)の買取相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社までロータスの買取査定ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「ロータスを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているロータスの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、スポーツカーのロータスを高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    ロータスの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちのロータスの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのロータスであっても高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の業者がロータスの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのロータスを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者がイギリス車のロータスを査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきたロータスをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車を専門とした外車買取店です。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は輸入車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、イギリス車のロータスなら他の買取業者より高く売ることができることも多いです。
    ですから、イギリス車のロータスであればとりあえずランキング上位の中古車一括査定サービスを使って買取金額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取専門業者に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたロータスを売りましょう。







    ボディにキズやへこみがある場合には査定額が下がるのが普通です。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、修理に要した費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    車を自分で直そうと考えるより、中古車買取成立後に、買取業者の方で提携先の修理会社に依頼した方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。

    有名かもしれませんが、オンラインで売りたい車の査定金額を一度に沢山の会社にお願いできる、車の一括査定サイトが数しれず見受けられます。

    これらのサイトで査定額を算出してもらったら、必ず売りに出す必要があるわけではなく、たくさんの会社に行く時間が取れない人にも有効です。

    メリットは多いのですが、業者によっては売却を勧める電話が何回もかかってくる可能性もあるので、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    いつでも自由に簡単にインターネットを利用して中古車の価値を見積もり可能なのが中古車一括査定サイトを使う利点となるでしょう。

    入力フォームに必要なことを記載するとすぐに多くの買取業者からの見積もりがもらえて、売却予定車の今の価格相場のおおよその見当が付くのです。

    自分の名前などを記載したくない場合には、自分の名前を入力せずに査定を受け付けているサイトもあるようですから、それを利用すると良いでしょう。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、中古車買取業者に査定に来てもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている中古車屋に打診するというのもありです。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーもそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    パジャマ姿でも外出先でも時と場所を選ばず見ることができるのが中古車一括査定サイトからの見積り依頼です。

    わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額を知ることができます。

    けれども欠点を挙げる人もいます。

    時間があったので深夜に査定サイトに登録したら、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに連絡先の電話番号に電話がかかってきて家族中が迷惑したという声もあります。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、無難な連絡先を指定すると良いでしょう。

    ある程度を超えて走行した車というものは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことをここで書くつもりはありません。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、買い取ってくれます。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    ただ、残りの期間が一年もないくらいでは査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を言い渡してくる事がなきにしもあらずです。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば自分に非はないのです。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっていると相談することが最善でしょう。

    車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を準備しなければいけません。

    もし必要書類のうちの一つである納税証明書をなくしてしまったときには、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをする場所が違うことを知っていると良いでしょう。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。