レーシック手術後、1週間の目の状態と注意点を教えて?

*
大阪レーシックTOP > レーシックよくある質問 > レーシック手術後、1週間の目の状態と注意点を教えて?

レーシック手術後、1週間の目の状態と注意点を教えて?

Pocket

格段に見えやすくなる場合が多い

レーシック手術の当日は、まだ視界がぼんやりしてくっきりと見えないことも多いです。手術直後は視力が安定しないものなので仕方ないのですが、一時的なものですから心配せず安静にしてください。ちゃんと見えるようになってくるのは翌日からです。
 

手術当日は特にフラップがしっかり定着する前ですから、万が一何かの拍子にこれがずれてしまったりすると手術の結果そのものに悪い影響が出てしまいます。安静にする、というのは、まず目を擦ったりしないこと、そして目を酷使しないことです。
 
 

日常的な注意事項

それから、日常的な行動ですが洗顔や洗髪も、手術当日は我慢したほうがよいです。お風呂に関しては肩から下だけ洗ったり流したりする程度が無難ですね。
 

車の運転は危険なのでやめましょう。そのため、手術当日、自家用車を自分で運転してクリニックに向かうのは控えた方が良いわけです。付き添いの人に運転してもらったり、公共交通機関を利用するなどしましょう。
 

手術から時間が経過すると麻酔が切れ、しみるような痛みを感じたり、異物感を感じるかもしれませんが、目の表面に一度切り込みを入れているわけですから仕方ないことです。
 

眼科から痛み止めや保湿用目薬が出るはずなので、決められた用量・用法で使用するようにしましょう。女性の方は、アイメイクをしばらく控えたほうが良いと思います。
 
 

手術の翌日から翌週

手術の翌日ですが、洗顔・洗髪などが可能になります。とはいえ、まだ視力もしっかりとは安定していないはずですし、目に刺激を与えることは控えなければいけませんから、こすったり目に異物が入るようなことは避けてください。
 

当日に比べれば安定してくるはずなので、テレビを見る、本を読む、車を運転するなどもご自身の判断で行ってよいですが、いずれも長時間は避けたほうが良いですね。例えばパソコンを長時間使うような作業は、激しい眼精疲労の原因になりますので控えましょう。
 

ですが一週間後となりますと、だいぶ視力も安定してきます。女性は、アイメイクが可能になると思って良いでしょう。お酒は、ここまでの間あまり飲まない方が良いと思います。確実に避けたほうが良いのは、海・プールに入ることや、サッカーやラグビーなど激しいスポーツです。
 

また、急激に眼精疲労が蓄積するようなことを繰り返すと、視力が低下し、せっかくの手術の効果が薄れます。近視の戻りを避けるために目を酷使せず、労わるようにして下さい。
 


Scroll Up