レーシック後に視力が下がる可能性は?

*
大阪レーシックTOP > レーシックよくある質問 > レーシック後に視力が下がる可能性は?

レーシック後に視力が下がる可能性は?

Pocket

再び近視が進む可能性

レーシック手術の結果視力が回復したとしても、長期的に見れば再び近視が進むということはありえます。その理由にはいくつかあります。
 

体質的に角膜が再び厚くなってくるという場合もありますし、単純に目を酷使すればやはりピント調整機能が弱まったりもしますし、老化現象も起こりますから一度手術で視力が回復すればずっとそのままということは保証できません。
 

角膜に一定の厚みが残っていれば、再手術を行うこともできますので、もしどうしても、手術後に再び眼鏡やコンタクトを必要とする状態になって不便を感じたら医師との相談次第ではあります。視力の再低下も、再手術の可否も個人によって異なります。
 
 

術後の視力の上下

ちなみにレーシックの手術の直後はむしろ過矯正が一時的に起こることがあり、その後視力が安定してくると少し視力低下したところで落ち着き、適度な状態になるようです。
 

もちろん、この過矯正が行き過ぎていれば少し視力が低下したくらいではまだ「見えすぎて不快」という状態である場合がありますので、追々視力が低下することを見越してあまりにも強度に視力回復をするのは避けた方が良いでしょう。
 

特に元々近視が強かった場合には、手術後の視力が良すぎるとかえって見えることに負担を感じるようになります。
 

近視が強い人は、レーシックを受けても体が元の状態に戻ろうとする作用で「近視の戻り」で視力安定の時期に若干視力低下が起こることは少なくありませんが、急に見えすぎるようになるのも脳にとっては疲れの原因になります。
 
 

その後の近視の進行はレーシックとは無関係

レーシック手術は、近視を矯正しますが、その後の近視の進行を止めたり抑制したりするという効果はありませんから、目を酷使すれば近視が進行するのは、レーシックの手術の有無とは無関係に起こりうることです。
 

レーシック手術を受けない人でも、目が悪くなるような生活習慣を持っていれば悪くなるので、レーシック手術を受けた後でもそれは変わりません。
 

手術を受けた後は、再手術や眼鏡・コンタクトレンズが必要になることがないように、目のことをより労わる習慣を身につけることが大事なのではないかと思います。
 


Scroll Up