網膜剥離の手術を受けたのですがレーシックは可能?

*
大阪レーシックTOP > レーシックよくある質問 > 網膜剥離の手術を受けたのですがレーシックは可能?

網膜剥離の手術を受けたのですがレーシックは可能?

Pocket

過去に網膜はく離の手術を受けた場合

過去に網膜はく離の手術を受けたことがあるからと言って、レーシック手術が受けられないということはありません。レーシックは網膜には無関係な手術です。
 

レーシック重要視されるのは、角膜やその他目の外界に触れている部分の状態です。網膜は目の一番奥底の部分であり、レーシックのレーザーはそこまで到達もしません。
 

ただし、もし網膜はく離の手術を受けてからあまり時間が経過していないという場合には、レーシックの手術を受ける時期については相談すべき点になります。目安として網膜はく離手術後1ヶ月程度は様子を見て、状態が安定したとわかってからでないと難しいでしょう。それ以上の年数が経過していれば、すぐに手術を受けることは可能であると思われます。
 
 

網膜はく離の手術後に見え方が不満な場合

しかし、一度網膜はく離の手術を経験していて、その後見え方に不満があるのでレーシックでなんとかしたいという場合だと、レーシックとはジャンルが違ってきます。
 

レーシックは目に入ってくる光の曲率を変えるもので、網膜は曲率とは無関係な器官ですから、レーシックで曲率を変えても目に入ってきた光が焦点を結ぶ位置の前後関係が変わるだけで、受像システムの不具合は修正できません。
 

例えば網膜はく離の程度にもよりますが、重度の場合は黄斑部にも影響が出ることで物が歪んで見えたりします。 これは光の曲率の問題ではありませんのでレーシックでは改善できません。
 


Scroll Up