こんな時はレーシック手術が受けられない

*
大阪レーシックTOP > レーシックの基礎知識 > こんな時はレーシック手術が受けられない

こんな時はレーシック手術が受けられない

Pocket

一時的か根本的か

メガネやコンタクトレンズで煩わしい思いをしている人にとってとても期待ができるレーシック手術。眼球に直接処置を施すことによって視力を回復させるこの手術は、残念ながら検査によって手術が受けられないと診断されることもあります。
 

これは角膜を削ったり、関せ印象を防ぐための投薬が必要であったりといったことが原因になるもので、一時的に施術ができない状態の方から、根本的にレーシック手術が不可能な方まで様々です。
 

ですが、別の機会に受けられたりレーシック以外の視力矯正を受けられる事例も沢山ありますので、視力の回復をあきらめてしまう必要はありません。
 
 

眼球が要因となるもの

レーシック手術では角膜を削ることによって焦点を調整しますので、角膜の厚さがレーシックによって削る余裕の無い方は受けることができません。
 

また、角膜が平らだったりという形状によっても手術が不可能とされることがあります。ですがこれらはレーシックが受けられないだけで、その他の視力矯正手術も沢山存在しますので、最初の診断の際に詳しい説明や他の治療を進められることになるでしょう。
 
 

薬などの要因によるもの

レーシック手術では感染症の予防などのための薬が処方されますので、妊娠中及び授乳期の方はレーシック手術を受けることができません。これはもちろん出産後などに改めて受けられますので、しばらくは我慢するしかありませんね。
 

また、一般的に近視は20歳程度、稀に30歳程度まで進行するとされています。これによって18歳以下のレーシック手術を受け付けないクリニックが多くなっています。
 

これはクリニックの方針によって大きく変わりますので、その他の例と合わせて、まずは診察を受けてみないとわからないと言えるでしょう。
 

このように、レーシック手術が不可能とされる人はとても稀で、その場合でも他の処置を受けられることがほとんどですから視力の回復を諦める必要はありませんね。
 


Scroll Up