西眼科病院(大阪)のレーシックの特徴|大阪レーシックガイド

*
大阪レーシックTOP > 大阪のレーシック眼科 > 西眼科病院(大阪)のレーシックの特徴|大阪レーシックガイド

西眼科病院(大阪)のレーシックの特徴|大阪レーシックガイド

Pocket

西眼科病院の医師

大阪市東成区にある眼科専門病院

西眼科病院は、昭和27年に日本で3番目に誕生した眼科専門医療施設。歴史ある西眼科病院は養われてきた知識、技術により多くの患者様の治療に貢献している病院です。
 

もちろん歴史が長いだけではなく、最先端技術である多焦点眼内レンズをいち早く導入し、先進医療実施施設の認定を受けている施設です。

 

西眼科病院

 
 

【特徴1】眼科専門病院であることの意義と安心

西眼科病院は眼科専門病院として常に先駆的で最先端の眼科治療を行っています。ここで言う眼科専門病院というのは、小さな個人経営の眼科クリニックではなく、眼の疾患に対して組織的かつ専門的に診断・治療および予防を行っている病院のことです。
 

たとえるなら高度な治療を行う大きな総合病院の中の、眼科だけを専門的に治療する病院といったところでしょうか。
 

それだけに大きな安心感と小さな眼科クリニックでは難しい高度な治療技術を期待することができるのです。近年高齢化に伴い、眼科医療に対する期待と要請は増大しています。それに応えていくことができるのが西眼科病院というわけです。
 

国内外の眼科医や関係者たちが当院を見学に来ていることも、医療関係者の間からも高い評価を得ている証と言えるでしょう。

 

【特徴2】眼鏡フリーの屈折矯正外来

西眼科病院ではメガネやコンタクトレンズを使わなくても視力の矯正が可能とする屈折矯正外来を行っています。
 

屈折矯正の方法として、レーシックに手術だけでなく、有水晶体眼内レンズ挿入やオルソケラトロジーと呼ばれる様々な方法によって、視力を回復させることができます。
 

レーシックでは、エキシマレーザーを使って角膜のカーブを変え屈折を矯正していくほか、エピケラトームという機器を用いて通常のレーシックよりもさらに薄いフラップ作ることが可能なエピレーシックも行っています。また眼の中に有水晶体眼内レンズを入れて視力を回復させる手術も行っています。
 

手術は怖いという方に安心なのがオルソケラトロジーです。オルソケラトロジー特殊なデザインの高酸素透過性ハードコンタクトレンズを夜眠っている間に装用することで、角膜形状を矯正することができます。
 

【特徴3】特殊外来・専門外来を備えた眼科病院

西眼科病院には特殊外来・専門外来と呼ばれる診療科目があります。一例を挙げると、「屈折矯正外来」「角膜外来」「ライアイ外来」「緑内障外来」「ブドウ膜炎外来」などで、その他全部で7つの専門外来を設けて専門的な治療にあたっています。
 

眼の病気は実にデリケートなものですし、専門的かつ高度の知識と治療技術、そして最新の治療器具を必要としています。
 

眼科専門の病院だからこそ可能になる治療も少なくありません。西眼科病院ではすべての診療科目において最高レベルの学問水準に立った医療を目指しています。
 

また屈折矯正外来には、レーシックで近視や遠視、乱視を矯正し眼鏡なしで目を普通に見えるようにすることができます。
 

レーシックに関しては、他の大阪のレーシック眼科の方がおすすめではありますが、総合眼科でレーシックを受けたい方には良いかもしれません。
 
 

西眼科病院のアクセス情報

【所在地】大阪市東成区中道4-14-26
【アクセス】JR大阪環状線 玉造駅の北出口から徒歩8分
【アクセス】地下鉄玉造駅の3番出口から徒歩10分
 

 

西眼科病院の公式サイト
 


Scroll Up