レーシック手術後の視界の見え方

*
大阪レーシックTOP > レーシックの基礎知識 > レーシック手術後の視界の見え方

レーシック手術後の視界の見え方

Pocket

格段に見えやすくなる場合が多い

個人差がありますが、それまで眼鏡やコンタクトレンズを使っていた人で、そういったものを使うのよりも格段に見やすくなったと満足する声が多いのは事実です。
 

特に乱視が強くなく、単純に近視だけを矯正すれば視力回復が望める場合には、眼鏡やコンタクトレンズからの解放もあいまってかなり快適に感じられるでしょう。乱視に関しては、レーシックではどうしても矯正しきれない側面がありますので、難しいところではあります。
 

しかし、軽度のものであれば近視矯正と一緒に調整してもらえるので、レーシックに満足している声は多いですね。
 
 

手術後一定期間は見え方が安定しない

ただし、眼鏡やコンタクトレンズのように、使えば即時・即日に良く見えるというのとはちょっと違います。
 

レーシックは手術後一定期間は視力や見え方が安定しません。これはどうしても避けられない部分であり、個人差もありますが、時間の経過と共に気にならなくなっていくものなので、とにかく一定期間は仕方のないものと思っておくしかありません。
 

たとえば、暗いところで明るいものを見たときの見え方がぼんやりしたり、それまでよりも極度に眩しく感じてしまう症状などがあります。(ハロ・グレア現象)
 

それだけでなく、そういった暗いところでは単純に視力そのものが低下して感じるという意見も聞かれます。これらはどれも、視力が安定するに従ってなくなっていく症状です。
 
 

老眼について

また、40歳を過ぎる頃になると早い人では老眼が始まりますが、この自覚症状にレーシック手術をきっかけにして気づくというパターンがあります。近視というのは近くにはピントが合うものの遠くのものにはピントが合いにくい状態です。
 

老眼が進むと水晶体の弾性が失われて遠くも近くもピントが合いにくくなりますが、レーシックで近視を矯正したことで以前よりは遠くにピントが合いやすくなるものの、老眼が始まっていると近くのものはそれまでよりも見づらく感じてしまうことがあります。
 

そのため、60~70歳以上の方はレーシックを受けられないとしているクリニックもありますね。
 
 

その他の場合

他にも単純に手術そのものがうまくいかず、その後の見え方に支障が出る場合もあります。過矯正は視力が上がりすぎて物がよく見えるようになりすぎることで、ストレスを感じるようになったという人もいます。
 

また、左右のバランスというのは私たちが普段気づいていないだけで、実はとても大切なのです。
 

矯正前と矯正後であまりにバランスが違ってしまうと「利き目」の逆転現象が起こったり、それまで何の意識もせずに出来ていたことが急にうまくできなくなったりする場合があります。
 

それらは、手術前にどの程度の見え方にするかをよく相談して決めたりすることである程度回避できますし、もっと言うと医師選びすら大切になってくる部分でしょう。
 


Scroll Up