常用薬や抗うつ剤を使っているとレーシックは受けられないの?

*
大阪レーシックTOP > レーシックよくある質問 > 常用薬や抗うつ剤を使っているとレーシックは受けられないの?

常用薬や抗うつ剤を使っているとレーシックは受けられないの?

Pocket

常用薬や抗うつ剤を使っている場合

これには色々なパターンが考えられます。具体的に、糖尿病や高血圧、心臓の薬などの常用薬を服用している場合は手術を受けられます。ただし、その病気の症状によっては受けられないタイミングもあると考えてください。
 

また、服用薬ではなく点眼薬を使っている場合。例えば花粉症の時期に抗アレルギーの点眼薬が処方されそれを使っている場合は、手術の前に点眼薬を少し違うものに切り替えてもらった上で、安定してからの手術という手順になります。
 
 

抗うつ剤に関して

また、抗うつ剤に関してはレーシック手術が受けられないとされる場合が増えます。 抗うつ剤に関しては、上で述べた常用薬とは分けて考えた方が良いかもしれません。
 

まず抗うつ剤は、角膜に作用する場合があります。副作用としてですが、角膜やその他ピント調整機能に影響を及ぼす可能性があるので、常用薬として抗うつ剤を服用しているときに視力検査をしても、それは純粋な視力とは異なる場合があるのです。
 

抗うつ剤服用中の視力に合わせてレーシック手術をしても、結果的には希望した見え方にならない恐れがあります。
 
 

副作用が出ていると考えられる場合

そして、角膜そのものを変質させる副作用が出ていると考えられる場合には、角膜を削る手術であるレーシックは目にとって良くありません。このような副作用由来のものでなくとも、角膜異常がある多くの場合にレーシックは受けられませんので、それと同じです。
 

このように、常用薬とひとくちに言っても色々なものがあるので、担当医にはそれを具体的に伝えて、そのうえでレーシックが受けられるかどうかの判断を仰ぎましょう。
 


Scroll Up