ケラトームレーシックとは

*
大阪レーシックTOP > レーシックの基礎知識 > ケラトームレーシックとは

ケラトームレーシックとは

Pocket


ケラトームレーシックの特徴

ケラトームレーシックとは、一番最初に開発されたレーシックです。今ではレーザーでフラップを作るイントラレーシックが主流になっていますが、レーシック手術として最初に普及したのはこのケラトームレーシックでした。
 

ケラトームレーシックは、マイクロケラトームという機器で角膜を切り取りフラップを作ります。機器の構造としてはカンナをイメージしていただくとわかりやすいでしょう。
 

現在では、この術式のレーシック手術費用は10万円を切っているクリニックが少なくありません。相場としては両目で7.5万円で受けられます。金銭的なお手軽さが最大のメリットといえるでしょう。
 

 
 

ケラトームレーシックのデメリット

しかしデメリットもあります。イントラレーシックと比較した場合、イントラレーシックはケラトームレーシックに比べ2倍近いお金がかかりますが、その分手術の精度がとても高いのです。
 

イントラレーシックではフラップを作る際にもレーザーを使用し、且つ眼球の細かい動きを1秒間に何万回というレベルで感知していますから、その動きに追従して角膜を削ります。
 

ケラトームレーシックは執刀医が機器を動かすため、どうしても執刀医の経験や技術に左右される側面があります。それに、フラップのずれ、シワなどや合併症のリスクも、同じ理由でイントラレーシックに比べれば高くなってしまうわけです。
 

個人的な見解ですが、今更ケラトームレーシックを受けるのは時代錯誤だと思えるほどです。
 
 

多少は進化していますが・・・

もちろんケラトームレーシックも開発された当時のままというわけでもありません。やはり他の技術と一緒で進歩していますから、以前に比べて品質は上がってリスクも徐々に軽減されていってはいます。
 

それでもどうしても避けられないデメリットが一つあり、それはフラップにある程度の厚みが必要ということです。正確には、薄いフラップを作れないと言った方が良いのかも知れません。
 

フラップが厚くしか作れない技術で、それとは別で角膜を削るとなると元々の角膜にかなりの厚みが必要ということになりますから、生まれつき角膜が薄い体質の方や、既に一度レーシックを受けている方などはケラトームレーシックは受けられないと考えてください。
 


Scroll Up