レーシックは痛みはありますか?

*
大阪レーシックTOP > レーシックよくある質問 > レーシックは痛みはありますか?

レーシックは痛みはありますか?

Pocket

手術中の痛みは心配なし?!

近視を矯正する手術として広く知られるようになったレーシック手術。それが一般的になるにつれて、角膜を切ってフラップを作るといった手術の内容も知れ渡り、それに伴って痛みの心配をする方も増えてきたようです。
 

とても大切な目に直接処置を施すわけですから、心配するのも当然といえますね。
 

まず手術に際してですが、痛みは基本的にないと考えてください。あっても多少の不快感くらいでしょうか。手術時には当然麻酔を使いますが、これは一般的な注射によるものではなく、目薬状の点眼麻酔を使います。
 

ですので注射の痛みもないということですね。また手術はもちろん麻酔が効いた状態で行いますから、痛みはほとんど感じません。手術中の痛みについてはほとんど心配ありません。
 
 

術後の痛みについて

レーシック手術では角膜を削るなどが行われますので、術後の痛みも気になるところです。基本的には手術後もほとんど痛みはないとされており、もちろん痛み止めや痒み止め、ドライアイに対する目薬なども処方されますから、ほぼ心配ないと言えます。
 

ですが、一部で手術後の数日に渡って沁みるような痛みを感じるという口コミもあり、術後の痛みが皆無であるとは言えないようです。
 

これは個人差があり、ごく軽い痛みでも人によってはとても痛く感じたり、まったく気にならなかったといった差もありますので、痛いと感じる可能性はゼロとは言い切れませんね。
 

特に手術当日及び翌日は、眼球の安定のために目薬の使用を制限されることが多く、このことも痛みを感じる要因になるようです。
 

ですが、痛みを感じる場合も2~3日で治まる場合がほとんどで、処方された目薬によって軽減されるので、レーシックによる痛みを余計に心配する必要は無いといえるでしょう。
 


Scroll Up