アイレーシックのメリットとデメリットは何ですか?

*
大阪レーシックTOP > レーシックの基礎知識 > アイレーシックのメリットとデメリットは何ですか?

アイレーシックのメリットとデメリットは何ですか?

Pocket

アイレーシックはオーダーメイドのレーシック

アイレーシックとは、一人一人の目の状態や角膜の形に合わせて、従来の方式よりもより正確に処置を施すレーシックの方式のことを言います。言ってみればオーダーメイドプログラムによるレーシックですが、これは最新の医療機器によって実現しました。
 

アイレーシックにおけるフラップの形成には、イントラレーシックで用いられるイントラレースFSレーザーを用います。またフラップ形成後の角膜の矯正には「ウェイブフロントレーシック」という技術が使われています。
 

このウェイブフロントレーシックでは、一人一人異なる目の状態や角膜の形に合わせたレーザー照射によって角膜を矯正することが可能になっており、アイレーシックがオーダーメイドによるレーシック手術と言われるゆえんとなっているんですね。
 
 

メリットとデメリット

アイレーシックでは、人によって異なる眼球の状態に正確に合わせた処置が可能になっています。これは、視力の向上だけでなく、角膜の僅かなゆがみまでを矯正することによって、従来のレーシックよりもより鮮明な視野を実現しており、NASAでも視力矯正として認められるほどの技術なんですね。
 

このように、最新の技術によって得られる術後のクリアな視界が、アイレーシックのメリットとなります。
 

もちろんデメリットも僅かながら存在し、一番のものは手術費用の高さです。アイレーシックには非常に高価な医療機器が使用され、また対応する技術の習得にも大きなコストが掛けられていますので、それが手術費用の高さに繋がってしまっています。
 

しかし、言うまでもなく目はとても大切なもので、レーシック手術は一生つきあう目の状態を決めてしまうものですから、手術費用の面でのデメリットはあまり大きなものではないとも言えるでしょう。
 


Scroll Up