レーシック後に角膜フラップがずれることは?

*
大阪レーシックTOP > レーシックよくある質問 > レーシック後に角膜フラップがずれることは?

レーシック後に角膜フラップがずれることは?

Pocket

角膜フラップがズレるリスク

角膜手術

フラップは、レーシック手術で角膜を削る前に作る蓋のようなもので、今オーソドックスなケラトームレーシックやイントラレーシックでは角膜そのものの一部を使ってフラップとしています。
 

フラップはレーシック直後は上に乗っているだけの状態で、目をこすったりするとズレてしまう可能性はあります。ですので、どのクリニックでも無意識に目をこすらないように説明してくれますし、寝ている間に目を保護するアイパッチをもらえます
 
 

レーシック後は安静に

基本的には、レーシック後3~6ヶ月は目に強い力が加わるスポーツは止めておきましょう。またある程度の期間が過ぎれば、フラップはくっついてきますので、目をこすったぐらいではズレなくなります。
 

またラゼックやエピレーシックでは、角膜上皮のみを用いてフラップとしますが、この場合には角膜上皮の再生に伴って作ったフラップは自然となくなります。
 

ですがこれらは普通のレーシックと違って、少々痛みを伴います。個人差はありますが、術後もしばらくは痛みが残るので良く考えてから施術しましょう。
 

どの施術をするにせよ、手術直後は不安定な蓋が目の表面にかぶさっている状態ですので、極力安静を保つようにしましょう。
 


Scroll Up