エピレーシックってどんな施術?

*
大阪レーシックTOP > レーシックの基礎知識 > エピレーシックってどんな施術?

エピレーシックってどんな施術?

Pocket

エピレーシックとは

エピレーシックは、通常のレーシックと同じように「角膜を剥がしてフラップにして、その下の角膜を削る」視力の矯正手術です。では、何が普通のレーシックと違うのでしょうか。
 

■フラップが薄い

エピレーシックは、角膜の中でも角膜の上皮細胞部分を剥がしてフラップにしますので、その下を切るレーシックよりもずっと薄いフラップが作れます。そのため、角膜が生まれつき薄くて「レーシックは出来ない」と言われた人でも手術可能です。
 

■フラップの固着度が強い
角膜の上皮細胞部分は、その下の部分と違って代謝が高いため、傷の部分が再生し、しっかりとフラップが角膜に癒着します。最終的にはフラップ自体がなくなってしまうとも言われます。
 

そのため、通常のレーシックに比べて強度が高く、強い衝撃を受けてもフラップがずれたり剥がれたりする心配がありません。
 
 

エピレーシックの欠点

■痛みがある

フラップを作る角膜の上皮細胞部分には痛覚があるため、普通のレーシックよりもエピレーシックの術後は痛みます。最近では点眼薬などの処方も工夫され、それほど強い痛みを覚えずに術後を乗り切れるようになってきましたが、やはり手術後は数日間会社などを休んだ方がいいでしょう。
 

■視力の安定まで時間がかかる

人によっては、視力が安定するまで一月ほどかかるケースもあるといいます。運転などは視力がしっかりと安定するまで避けるようにしましょう。
 

エピレーシックは、「ラゼック」とよくタイプの似ているレーシック手術です。基本的に同じような薄さでフラップをつくりますが、ラゼックは薬剤(アルコール)を使ってフラップを作り、エピレーシックではエピケラトームという機械を使ってフラップを作ります。
 

両方とも、フラップの強度が非常に高い手術法ですので、スポーツ選手など、激しい運動を日常的にしている人に好まれています。
 


Scroll Up