レーシック後にカラーコンタクトは付けられますか?

*
大阪レーシックTOP > レーシックよくある質問 > レーシック後にカラーコンタクトは付けられますか?

レーシック後にカラーコンタクトは付けられますか?

Pocket


レーシック後のカラコンは?

レーシックによって視力が回復した後は、コンタクトレンズは基本的に必要ありませんよね。視力が回復したら、矯正用のコンタクトレンズが必要なくなるのはあたりまえのことです。
 

ですが、コンタクトレンズといってお洒落用のカラーコンタクトを使用したいと考える方もいらっしゃると思いますので、ここではレーシックして視力アップした後のカラーコンタクトについて解説します。
 
 

基本的にはOKなコンタクトレンズ

まず、レーシックを受けた後のコンタクトレンズ使用についてですが、装着自体は問題ありません。レーシック後は眼球の安静のために、ほとんどのクリニックで術後1ヶ月は間を空けるように指導していますが、その後は問題なくコンタクトを使えるということになります。
 

また、ソフトタイプは問題なく使用できますが、ハードタイプの場合はレーシックによって削った後の眼球の形に合いにくいことも考えられますので、眼科などで相談の上慎重に選ばなければならないという面もあります。
 
 

しっかりしたものを選びましょう

一般的に視力矯正用コンタクトレンズと違い、お洒落が目的のカラーコンタクトは品質が一定ではなく、医療的に問題があるものが存在する可能性もあります。こうしたものは衛生面で問題がある場合もありますので、レーシックの手術を受けた方はできれば避けたいところですね。
 

もちろん、眼科に相談した上で購入する、しっかりした品質のものであれば、衛生面などの問題はなく、レーシックを受けた後でも普通に使用することができます。
 

レーシックを受けたかどうかにかかわらず、不安定な品質のカラーコンタクトは目を傷める大きな原因になりますので、ちゃんとした品質のものを選びたいところです。
 


Scroll Up