トップページ > about-us

    このページではabout-usでロータスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ロータスの買取相場を調べて高い金額で買取をしてくれる専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているオススメの車買取業者で検索してみてください。スポーツカーのロータスを高く査定してもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか、家の近くにあるロータスの正規ディーラーで下取りということを考えている場合は、明らかに損をするので考え直してください。車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、ロータス(Lotus Cars)の買取相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社までロータスの買取査定ができます。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。その上、全国対応で利用は無料。「ロータスを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているロータスの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、スポーツカーのロータスを高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。ロータスの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。電話連絡も査定も一度だけで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちのロータスの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのロータスであっても高く買い取ってもらうことができます。約10社の業者がロータスの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのロータスを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者がイギリス車のロータスを査定します。1社だけでなく複数の業者に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきたロータスをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車を専門とした外車買取店です。17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は輸入車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。外車王は外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、イギリス車のロータスなら他の買取業者より高く売ることができることも多いです。ですから、イギリス車のロータスであればとりあえずランキング上位の中古車一括査定サービスを使って買取金額をリサーチしてみてください。いろいろな買取専門業者に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたロータスを売りましょう。







    買取業者などが中古車の査定をする場合に絶対必要になってくる国家資格はないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと授与されないので、この中古自動車査定士の資格所持者は、ある一定以上の経験や技能があるということがうかがえるのです。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、これから査定に出すぞというときになるべく自らクリーニングすることが大切ですね。

    修理や事故の記録は残りますから、隠そうとしてもすぐにバレてしまいます。

    しかし、車についた汚れや臭いなどに関してはセルフメンテである程度は消滅可能なのです。

    それに、車内においてタバコを吸っていた人に関しては、臭いが残留していると低く査定されることが多いことを覚えておきましょう。

    お店に行って車の査定見積もりをしてもらう時間が取れないときなどには、大概の業者では、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

    査定士が自宅などに来て実際の車を目で見て確認して、査定額を算出してくれる方法です。

    これは同時期に何社かの業者に来てもらって行っても構いません。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で査定金額の競争が生まれますから最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    ローン完済前の車を売るときは、完済してからでなければ車は売れません。

    それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、名義もローン会社であることが普通だからです。

    残債を売却前に一括返済しきれれば良いのですが、できないのであれば例えば買取額から債務の残りを差し引くというやりかたもあります。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、相手側の規約に則った手続きをする必要があります。

    実際に業者が来て査定する際、より良い査定金額を出してもらうにはある種のコツが不可欠です。

    営業マンの目的といったら契約にほかなりませんので、こちらとしては然るべき金額であれば即決する気持ちがあることを相手に理解させるのです。

    営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、今後の販売プロセスがだいたい描けるので、こちらからの価格上乗せ交渉が成功する確率が高まります。

    専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    修理歴等を偽って深刻する行為は査定担当者に不信感を持たせますし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    修復歴をあえて隠すというのはいわば告知義務違反ということになりますから、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、車を個人同士で売買する方が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    前者に関しては双方で決めた期日までに必ず行ってもらうことを念書にしたためるようにして下さい。

    お金に関することは、分割払いの初回のみ支払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    事故車や多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    残された選択肢はというと、少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、納得のいく方を選ぶことが大事です。

    近年市販されている車ははじめからカーナビシステムがついているのが大部分です。

    このため、単純にカーナビシステムが装備されているだけではそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには査定額アップが望めるでしょう。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。