トップページ > about-us

    このページではabout-usでロータスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ロータスの買取相場を調べて高い金額で買取をしてくれる専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているオススメの車買取業者で検索してみてください。スポーツカーのロータスを高く査定してもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか、家の近くにあるロータスの正規ディーラーで下取りということを考えている場合は、明らかに損をするので考え直してください。車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、ロータス(Lotus Cars)の買取相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社までロータスの買取査定ができます。中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。その上、全国対応で利用は無料。「ロータスを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているロータスの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、スポーツカーのロータスを高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。ロータスの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。電話連絡も査定も一度だけで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちのロータスの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのロータスであっても高く買い取ってもらうことができます。約10社の業者がロータスの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのロータスを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者がイギリス車のロータスを査定します。1社だけでなく複数の業者に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきたロータスをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車を専門とした外車買取店です。17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は輸入車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。外車王は外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、イギリス車のロータスなら他の買取業者より高く売ることができることも多いです。ですから、イギリス車のロータスであればとりあえずランキング上位の中古車一括査定サービスを使って買取金額をリサーチしてみてください。いろいろな買取専門業者に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたロータスを売りましょう。







    沢山の会社に車の一括査定を依頼できるサイトがインターネット上には多くあります。

    そして、個人の名前などの情報を記載せずに査定可能なサイトもあります。

    結果を連絡してもらうために結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、メーカーのサイト上で車種や年式などを入力することで、おおよその相場を知ることができます。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、信頼性に欠ける面があるのは否めないでしょう。

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりアップダウンするため、その流行のタイミングによっては一定のカラーが査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    これから売却しようと考えている車にどうしてもこの金額では売却不可能だと考える査定を出されたら、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。

    中古車見積もりを依頼したとしても、車を絶対に手放さなければならないという法律はありません。

    一番最初の見積金額では売れないと言うとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からするとその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

    それに事故歴や修復歴を偽るのはいわば告知義務違反ということになりますから、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    それに契約書をよく読んでいくと告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方は簡単に分けると2種類です。

    多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

    一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、車での移動が日常的な人からすると代車不要な点は嬉しい限りです。

    しかし、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より引取り額が低くなるのは避けられません。

    では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的にディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    車を査定して欲しいからといって、お店に突然車を乗り付けていくのは無謀にもほどがあります。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。

    あえてメリットを挙げるならば、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。

    なにせ買取査定の対象となる車を店舗に持っていくのですから、実印(普通乗用車の場合)や必要書類が整っていれば、その日のうちに契約締結も可能です。

    愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分で実施可能な暇と知識があるのならば、自動車は個人売買するのが一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    前者については、双方が決めた月日までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    後者の場合には1回目だけ支払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    車に関する税金の話をしましょう。

    自動車税というものは、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    しかしながら、車を手放すときには、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、必要以上に税金を払ってしまう心配はないのです。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されると言うことはないのです。

    還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を見積額にプラスしてくれるときもあります。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    自分が車の所有車になっているということは、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、任意で加入する自動車保険料も馬鹿になりません。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、別途駐車場代もかかってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうか充分に検討してみれば、売却するべきかどうかに白黒つけやすいのではないでしょうか。